浴衣のヒストリー
カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
振袖レンタル|きものジェンヌ
浴衣のヒストリー

浴衣のヒストリー

皆さんこんにちは。日本各地で梅雨時期に入り、雨が降る日が多くなりましたね。
じめじめとした季節、これを過ぎればすぐ真夏のシーズンがやってきます。花火大会や祭りといった
イベントも多く催されると思いますが、浴衣を着て足を運ぶ方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回はそんな浴衣の歴史にスポットを少し当て紹介したいと思います。

浴衣の起源は平安時代?
浴衣

「浴衣」の語源は平安時代の「湯帷子(ゆかたびら。入浴時または入浴後に着た麻のひとえ。)」に由来し、
当時は上流階級の貴族達が蒸し風呂(現代のサウナにあたるもの)という形で入っていたのですが、
その際にやけどを負わないために着用していたようです。

そして時代は流れ、安土桃山時代になっては風通しが良く、汗をよく吸うというこの
浴衣の特性を活かし、湯上がりに時にも着用するようになっていきました。
しかしこの時はまだ庶民の間ではあまり普及していませんでした。

浴衣の一般化とファッション

安土桃山時代から時代を経て江戸時代、ようやく浴衣が庶民に広まることとなりました。
私生活の中でももちろん着用されていたようですが、江戸時代後期に入ると銭湯が広まり、
お風呂が手軽に入れるようになったことが
火付け役になり、浴衣が広く知れ渡ることとなりました。
また本藍染め(ほんあいぞめ。いわゆる着色)という技法で、着物に文様を入れることが可能となり、
ちょっとしたファッションとしても人気が出るようになりました。

歴史をつむいで現代へ

江戸時代に浸透した浴衣ですが、第二次世界大戦後はライフスタイルが和式から洋式へと変わり、
和服に属していた浴衣の着用頻度は減っていくこととなりました。
しかし、記事冒頭で紹介したように、祭りや花火大会では女性を中心として一つのファッションといった
形式で着用されるようになりました。
風通しがよい浴衣は蒸し暑い夏にはうってつけ。また一口に浴衣といっても柄や帯も様々な種類があるので、
自分好みの浴衣を身につけ、イベントに参加してみるのも楽しみの一つですね。

まとめ

いかがだったでしょうか? 本記事でご紹介したのは大まかな一部に過ぎませんが、
長い歴史を誇る浴衣、夏の風物詩の一つとしてイベントに出られる際はぜひ着てみてくださいね。
それでは次回の記事にて

お電話でのお問い合わせボタン(スマホ用)
無料会員登録
お客様へのお願い
お問い合わせ情報当サイトの強み検索
店長あいさつ

モバイルストア(外出先でもお買い物)

こんにちは。社長の堤です。

モバイルストア

外出先でもお買い物

モバイルストア(外出先でもお買い物)
会社概要

店舗画像

着物レンタル専門店きものジェンヌ| 株式会社堤写真館

住所:〒860-0807 熊本市中央区下通1-11-13-4F
電話:096-356-0225
Fax:096-359-2574


ご利用ガイド

お支払い方法

クレジットカード決済、銀行振り込みからお選びいただけます。

レンタル着物のクレジット1|きものジェンヌレンタル着物のクレジット2|きものジェンヌ

配送・送料

全国送料無料!!

※沖縄、離島を除く。

お届け時間帯をご指定いただけます。

レンタル着物の配達時間|きものジェンヌ

お問い合わせ

096-356-0225

【受付時間】10:00~18:00 【定休日】火曜、第1・3金曜定休

(年末年始などの特別休業日を除く)

お問い合わせフォームは24時間受付中です。
確認ができ次第、担当より迅速にご対応させて頂きます。

会社概要

きものジェンヌ株式会社堤写真館

〒860-0807
熊本市中央区下通1-11-13-4F

レンタル衣裳、美容着付、婚礼写真撮影、各種記念写真撮影、写真、アルバムの制作、婚礼(挙式、披露宴)